武士道、世界樹に赴くこと 0階

ヤミラミーう……ううん……うん?

ヤミラミー何処だここ、また夢か?
なんか頭もボーっとするし……

ヤミラミーこっちが出口か?
開いてるな、閉じ込められてるって訳じゃないのか。

ヤミラミー……一面の水の色、湖、いやそれ以上の……
まさか、海の上、船の上なのかここは。
なんだってこんな所に。

幽々子様あら?

ヤミラミーえ?

幽々子様貴方も乗っていたのね。
一人で?やっぱり貴方も世界樹に?

ヤミラミーちょっと待ってよ、世界樹ってなんなのさ。
それ以前になんだよこの船は。

幽々子様

ヤミラミー何言ってんだこいつみたいな顔しないでよ。
真剣に困ってるんだよこっちは。

幽々子様なんなのよ、まるで気が付いたらここにいたみたいな事言って。

ヤミラミー寸分違わずその通りだよ…

幽々子様あらあら。

ヤミラミーそういう訳だからさ、説明してよ、お願いだから。

幽々子様そうね、でもどうせなら向こうで話しましょう。
皆も居るから。

―――――――――――――――――

ヤミラミー世界樹の迷宮、ねえ。

ブシドーこの船の行く先、アルカディアにそれにはある。

幽々子様何が待ち受けてるかもわからない未知の冒険、
面白そうでしょ?

司馬師新しい肉まんの開発もできそうだろう?

こころ_喜(福の神)最強の称号も集め放題だ。

ブシドー折角だ、お前も共に世界樹に赴こうではないか。
どうせアルカディアに着いたら当面は帰れん。

ヤミラミーマジか。

司馬師遠方だからな。
アルカディアに着いてからも世界樹のあるアイオリスまで更に長い移動がある。

ヤミラミー……ま、別に断る理由もないから良いけどさ。
文字通り乗りかかった船だし。

――――――かくして、彼らは世界樹に挑む。

――――――未知の迷宮で、彼らを待ち受ける物は。

――――――神話の果てに、ある物は

――――――新たな歴史が、始まる。

古谷さん――――――そして新世界の頂点に立つ上位種とは―――
え、職質?僕はただのナレーションで怪しい者では……
待って!やめろ!僕は善良な上位種だ!

――――――――――――――――――

幽々子様やっと着いたわね、アイオリス。

ヤミラミー長かったな……

ブシドーでは、早速世界樹に……

幽々子様待ちなさい、先に冒険者ギルドに行きましょう。

こころ_通常(女)ギルド?

幽々子様
色々手続きが必要なのよ。
冒険前の準備とかもね。

―――――――――――――

幽々子様ここが冒険者ギルドよ。
ここで私達のギルドを立ち上げるの。
もう既にギルド自体は立ち上げて置いたけどね。

司馬師ほう、仕事が早いな。

幽々子様私達より先に来た妖夢が全部やってくれたのよ。
冒険者登録も含めて、ね。
当の妖夢は……もう迷宮に入っちゃったかしら?

司馬師そのようだな、準備を済ませたら追うとしよう。

幽々子様その前に、ギルド名は私が書くって言っておいたから空白のままなのよね。
書き記しましょう、私達に相応しい名を。
散れば二度と戻らない桜花では無く、
永久に咲き続ける鋼鉄の華―――――

幽々子様「不断桜」

―――――――――――

ブシドー見ろ、武器に鎧、色々あるぞ。

こころ_楽(火男)おー

ヤミラミーへぇ、でも私にはこれがあるし……あれ。

ブシドーどうした?

ヤミラミー無いんだけど、パワーストーン。

こころ_困り(猿)どこかで落とした?

ヤミラミー……いや違う、初めから持って来て無かったんだ。
家に置きっぱなしだ。

ブシドーふむ、なら別の武器を選ぼう、これなんかどうだ?

ヤミラミー鎌?どういうチョイスだよ。
まあ何だっていいけどさ。

―――――――――――――――

幽々子様さて、皆ちゃんと準備は整えた?
忘れ物とかない?ちゃんと装備も買った?

ヤミラミー心配し過ぎじゃない?
この面子じゃ適当にやってもどうにかなりそうなんだけど。

幽々子様私達は迷宮探索に関しては素人よ?
過剰に整えるくらいで丁度良いの、でないと大変な事になるわ。
具体的には、ハーゲてしまいますよ?

ヤミラミーはい?

幽々子様まあ、大丈夫そうだし、いよいよ第一歩と行きましょう、
世界樹の迷宮への、ね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブシドー

Author:ブシドー
侍かぶれのような物
生き恥の塊のようなブログですが暖かい目で見守ってください

3DSコード 2363-6260-0930

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
TweetsWind