『if』 ~3章

ヤミラミー(――――夢を―――――見ていた。)

ヤミラミー(ただただ何も無い闇の中を、一心不乱に飛び続ける蝶。)

ヤミラミー(あるはずの無い光を求めて、彷徨い続ける、それは私だった――――)

ヤミラミー(夢から覚めたのか、まだ自分は夢を見ているのか、
それすら混濁した朦朧とした意識の中、体を起こす。)

ヤミラミー(暗夜王国――――今私のいるこの場所こそが、正しく現実、その――――筈。)

ヤミラミー(それなのに、僅かに違和感と不可解さが私の中に渦巻き続ける。)

ヤミラミー(自分の中から、「何か」が失われたような感覚。
まるで、自分の本来の居場所はここでは無いような錯覚。
そして―――――)

ヤミラミーどう見ても私の方が下なのに「姉さん」はおかしいだろ、レオン。

3章 旅立ちの刻

ヤミラミーあのハゲ、やりやがったよちくしょう。

ヤミラミー(違和感と不可解さを思案する暇も無く、私の体は戦場に投げ込まれる。)

ヤミラミー(何かがおかしい、どうしてこうなった、ふざけるんじゃない。)

ヤミラミー(次々と目の前に巻き起こる現実を前に、
私自身にさえ何が起こったのか理解できぬまま――――
私の意識は、闇に落ちた)

ヤミラミーあれ…どこだ…ここ…

幽々子様

ヤミラミーえーと…どちら様?

幽々子様やっぱり…ね。

ヤミラミーえ?

幽々子様ごめんなさい、あまり長くここに貴方を留めては置けないみたい。
本当なら話すべきことがいくらでもあるのだけれど………

ヤミラミーだから、何の話…

幽々子様蝶の夢に飲み込まれないように、ね。
今は、それだけ。

ヤミラミーそれってどういう――――

ヤミラミー(再び私の意識は、闇に落ちた。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブシドー

Author:ブシドー
侍かぶれのような物
生き恥の塊のようなブログですが暖かい目で見守ってください

3DSコード 2363-6260-0930

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
TweetsWind